Language

このウェブサイトに含まれる情報は投資アドバイスを構成するものではなく、また特定の人物の個人的な状況を考慮に入れるものではなく、また特定商品への投資を推奨または勧誘するものではありません。

 

この商品への投資は全ての人に適したものではありません。お客様のファイナンシャル・プランのリスク・レベルはお客様にとって適切ではないかもしれません。このリスクの開示の内容について疑問がある場合は専門のアドバイザーに相談して下さい。

 

積立ホリデー・リスク – 積立ホリデー(積立の停止、一時停止、積立の減額)の場合も全ての費用は継続して信託から支払われます。その場合信託の口座価値が大きく減少し、ボーナスの権利にも影響を及ぼす可能性があります。最悪の場合は信託の口座価値が手数料を支払うには十分でなく、強制解約となる可能性もあります。

 

カウンター・パーティー・リスク – 契約の相手方となり金融契約をした個人、法人が債務不履行となり、契約に基づく義務を実行できないことがあります。

 

信用リスク – いかなる金融機関も将来の支払いを実行できない可能性があります。返済までの期間が長いほどそのリスクは大きくなります。

 

早期終了、解約、引出リスク –先に設定した期間前での早期終了、解約、定期積立金額の減額は早期解約或いは引出費用が発生し、またボーナスがゼロとなる可能性があります。

 

為替リスク – 外国通貨建商品取引に関わる損益は他の通貨に変更する場合、為替レート変動の影響を受けることがあります。

 

ファンド・マネージャー・リスク – お客様が選んだファンドのファンド・マネージャーの運用がお客様の当初の期待を達成できないことがあります。

 

金利リスク – 資産が資金調達、借入金、担保として使われ、その利益が金利の支払い額より少ないことがあります。プランに投資した以上の損失が発生する可能性があります。

 

流動性リスク – 特定の投資は短期間で取引されたり、現金化されることができないことがあります。

 

市場リスク – 特定の資産価格は時には大きく変化することがあります。資産価格は上下する可能性があり、価値がゼロとなる場合があります。資産の売買の結果として利益ではなく、損失が発生する場合があります。個々の実績は将来の結果を保証するものではありません。

 

政治/規制リスク – 政治や規則の安定性、関係国の構造や政策に変化がある場合、投資が損失を受ける場合があります。

 

再投資リスク – 投資から得られた収益や金利は特に公定歩合が低下している期間中はより低い金利で再投資される可能性があります。

 

分散の失敗リスク – 単一の投資への集中はポートフォリオのボラティリティ(変動率)を増加させる可能性があります。分散が十分でない場合、適切に分散されたポートフォリオに比較して特定のポートフォリオが持つリスクが高くなる可能性があります。ポートフォリオの全体的なリスクを最小限に抑えるために、投資を適切に分散させることが重要です。

 

他の国での取引 – お客様の母国以外の国家での取引は市場が投資家保護の法律が違っていたり、保護が十分でないためにお客様に対して追加のリスクが伴う場合があります。

 

警告:お客様はお客様が選択した積立期間中継続して積立が可能で、その意志がなければ信託に投資をするべきではありません。信託に対する積立を早期に停止した場合、大きな損失となる可能性があります。

 

書面にてアルファと別途合意がない限り、お客様ご自身のみが投資目的、個人とその経済状況に基づいて投資決定をした責任を負います。

日本語版と英語版に相違や矛盾が発生する場合、英語版が優先します。

アルファ信託(クック諸島)株式会社©2018。全著作権所有。