Language

クック諸島の信託法はイギリスの慣習法が元になっています。国際信託法1984から始まり、1989年の改正を通じ、クック諸島は世界で最初に資産保護法を成立させています。それ以来多くの富裕層とその家族、専門アドバイザーから信託の設定国として選ばれています。

資産保護法の主たるメリットとしては以下があります。

  • 資産保護– 債権者の請求から資産を保護

  • 2年の法的期限後、債権者は不正な譲渡または信託に対する譲渡の訴訟を起こすことは不可能

  • 国外裁判所からの判決、執行は不可能

  • 国外裁判所からの破産宣告からは特に除外される

  • より高いレベルでの証明責任が発生

  • 懲罰的な損害賠償なし

その他の特徴とメリット:

  • 非課税 – 信託はクック諸島の課税対象外

  • しかし委託者、受益者は居住地での課税対象となる場合がある

  • 永続性 – 永続性に対する法律は廃止されているが、永続性の機関の限定は可能

  • 登録 – 各信託はクック諸島FSCが運営する登録機関に登録される

  • 秘匿性 – 登録機関に対し信託証書、委託者、受益者の登録は不要

  • 安全性 – 国際的な信託法と矛盾していない限り、登録は信託に対して慣習法、クック諸島の法律の介入を受けない

  • 利便性 – 登録は免許を受けた信託会社が実行する

  • 遺言の検証、強制相続なし – 信託は委託者の裁判所の命令によって相続規則を変更されることはない

これらの特徴に予測不可能な事態に対してより手厚い保護を提供します。

オフショア業界

  • 1981年クック諸島オフショア・センター設立

  • 1989年クック諸島は資産保護法を世界で初めて制定

  • これ以降クック諸島は富裕層の資産を守る資産保護信託の世界の中心となる

  • 信託会社は信託と法人サービスの全てを提供。またお客様の要求に合った効率的なサービスを一箇所で提供

  • クック諸島はオフショア・センターとして国際的な法人、国際的なパートナーシップ、有権会社、財団、銀行、保険会社のサービスを提供

  • お客様の国境を超える金融ストラクチャーに応えるため法律事務所、銀行、会計事務所、その他保護サービスを含む業務を提供

日本語版と英語版に相違や矛盾が発生する場合、英語版が優先します。

アルファ信託(クック諸島)株式会社©2018。全著作権所有。