Language

クック諸島は国際的なオフショア金融センターのひとつです。過去30年に渡り信託、法人サービスのリーダーとなっています。法による支配を尊重し司法制度に支えられた法律により強力なオフショア・ビジネスを設立、発展させてきました。

教育レベルが高く英語を話す労働力と、広く受入れられている世界基準に従って規制された金融システムがクック諸島のオフショア業界の特徴となっています。

  • 地理 – ニュージーランドの北東とハワイの南の南太平洋に位置し、200万平方キロにある15の島からなっています。

  • 政治 – クック諸島は英国連邦に属し、民主的な政府により安定した議会制度を持っています。元々は英国植民地でしたが、のちにニュージーランドに属し、1965年8月以降はニュージーランドと自由連合制を取っています。クック諸島の国防はニュージーランドが負っています。

  • 法律 – 法律は英国慣習法を基礎にしています。裁判制度は階級制で最高裁とイギリスの枢密院に対する上訴の権利を持つ高等裁判所で構成されています。クック諸島の全ての裁判官はニュージーランドで選ばれた上級裁判官です。

  • 経済 – 国際金融サービス、観光、漁業がクック諸島の最大の収益源となっています。それ以外には真珠の養殖、未開発の大陸棚鉱物資源などがあります。

  • 言語 – 英語がビジネス上の公用語となります。クック諸島のマオリ語が土着の言語です。人口の90%以上が英語を話します。

  • 時間帯 – クック諸島はハワイと同じ標準時間帯で、グリニッジ標準時間に対して10時間時差があります。香港とニューヨーク、ロンドンの中間の時間帯にあり、クック諸島はアジアとアメリカを結ぶ理想的な時間帯にあります。

  • アクセス – クック諸島は現代の交通機関を使って世界中から非常に便利なところにあり、シドニー、オークランド、ロスアンゼルスから直行便が就航しています。クック諸島の国際空港は首都のラロトンガにあります。

  • 通貨 – 通貨はニュージーランド・ドルが使用されています。

日本語版と英語版に相違や矛盾が発生する場合、英語版が優先します。

アルファ信託(クック諸島)株式会社©2018。全著作権所有。